車買取のABC

車の買い取りには交渉スキルも必要

中古車の買い取りサービスを利用するときは、最低限の交渉スキルも持ち合わせておきたいものです。
プロ級の腕前は必要なく、業者が相場より安く買い取ろうとしてきたとき、相場額付近や少し高い金額で交渉していくようにします。
私が査定を受けたときに感じたのは、弱気になるほど業者のペースにはまってしまうことです。
50万円の価値のある車ならば、40万円で売却する必要はありませんので、交渉して50万円まで引き上げていきましょう。
業者は50万円で購入しても十分に利益があるので、他社の買取額も引き合いに出しながら交渉するようにします。
私が利用した買取業者では、最初に42万円という金額を提示されました。
もし何も知らなければ、このまま42万円で売却していたはずですが、事前にネットや中古車雑誌で情報収集をしていたので、42万円では安いとすぐに分かりました。
相場は50~55万円くらいだと知っていたので、55万円よりも安い金額では売らないと伝えました。
すると、即座に55万円まで上げてくれたのです。
迷う気配もなかったので、55万円で車の買い取りをしても十分な利益があるのでしょう。
交渉するときは、他社でもっと高く買い取ってくれると告げてもいいですが、具体的な業者名は出さないようにしましょう。
業者同士で話し合って折り合いをつけてしまうことがあると、車買取業者で働いていた友人が言っておりました。
他社を引き合いに出すのはいいですが、あくまで匿名にしておいてください。

Contents List